スポンサードリンク

ジャイロボールとは

 ジャイロボールの元をたどると、Xジャイロ(エックスジャイロ)と言うおもちゃです。軽くて貫通した丸い筒で、これを投げる遊びです。
 ある人物(手塚一志)がXジャイロを投げてみた時、最初は20mしか飛ばなかったが、投げ方のコツをつかむと100mを超えるようになったらしいです。

 この投げ方を野球に応用したのが、ジャイロボールの始まりです。

 ジャイロボールの「ジャイロ」とはギリシャ語で輪の意味です。投げられたジャイロボールは、進行方向に回転軸が向いています。つまり、ライフル弾のような螺旋回転をしながら進んで行くことになります。
 ジャイロボールの回転の方向は、右投手と左投手で逆回転になります。右投手が投げた場合は投手から見て時計回りに、左投手が投げると反時計回りになります。


 ジャイロボールには次の2種類に大別できます。

■フォーシームジャイロボール
 対称ジャイロボールとも言います。
 一般的な直球(フォーシームファストボール)に近いボールの握りで投げますが、打者から見ると、ボールが対称面を向けて進みます(ボール正面の縫い目等の模様が対称形)。
 螺旋回転で進むため、普通の直球に比べて空気抵抗が少なく、リリースから捕手が捕球するまでの、初速と終速の差が非常に少ないことが、このジャイロボールの特徴です。
 このジャイロボールは、ボールの初速と終速の差が少ないことやボール回転が見せる縫い目模様によって、打者はボールが浮き上がったり、膨張するような錯覚が生じてしまうらしいです。でも実際は揚力が働かないので浮き上がっていないようです。
 マンガ「メジャー」の茂野吾朗投手が投げるジャイロボールは、こちらのジャイロボールとなります。


■ツーシームジャイロボール
 非対称ジャイロボール言います。
 ツーシームファストボールに近いボールの握りで投げ、かつボールが非対称面を向けて進みます(ボール正面の縫い目等の模様が非対称)。
 一般的な直球と同程度の空気抵抗を受け、かつ揚力が働かないため、直球に比べてホームベースへの到達時間が大幅に遅れことが、このジャイロボールの特徴です。従って、打者には、ボールがなかなかやって来ない印象を与えます。
 初速に比べて終速が相当に減速する性質はチェンジアップと似ていますが、このジャイロボールはチェンジアップに比べ、初速スピードを落とさないで投じるところに違いがあります。
 松坂大輔投手がジャイロボールを投げるとしたら、こちらのジャイロボールになるんじゃないでしょうか。