スポンサードリンク

ジャイロボールの投げ方

 ジャイロボール投げ方で、重要なのは「ため」です。
 ジャイロボールを投げるために十分な回旋エネルギーが必要になります。そのための投げ方として、ヒップファーストでの始動します。
 そして、そのヒップファーストでの並進運動を行う際に、後ろの軸足の股関節が上体の重みを受け止める支点になります。それにより後ろ軸足にジャイロボールで必要な『ため』ができます。
 ちなみに、並進運動を開始する際に、後ろの軸足の膝を”カクン”と折り曲げて重心を落下させる動きのことを「ディップ」と言います。
 ジャイロボールの投げ方で言う「ため」をつくるのに、ある程度の膝と股関節を曲げることは必要です。しかし、ディップになると、並進運動から続く、回旋運動に不利に働き、ジャイロボールに必要な回旋エネルギーが得られません。
 従って、ジャイロボーラーの投げ方で注意しなければならないのは、ディップ型の投球フォームにならないと言うことです。


 また、ジャイロボールを投げ方をマスターするには、『ダブルスピン投法』を身につけなければなりません。
 ダブルスピン投法に必要なものは、まずしかっりと根はりをし地面に立つことです。
 それから、ステップするときにエッジを効かせます。また、エッジングをしている軸足と体とボールを持っている腕のラインがCのマークを描くようにします。
 更に、エッジングをした軸足から下半身へとねじりの動きを伝え、腕をしならせ、下半身から伝えられた力を上半身をしっかり回転させることでボールにまで伝わり、ジャイロボールが可能となります。